QLOOKアクセス解析

トップ > 身長が伸びる仕組み > 今ご覧のページ

身長が伸びる仕組み→骨端の軟骨が骨に変化して押し上げる

柔らかい骨が固くなり、次の軟骨が出てきて伸びる

骨は関節ごとに分かれていて、その一本の両端(骨端)には軟骨細胞が含まれています。

身長はこの軟骨細胞が成長して、その一部が骨幹と呼ばれる固い骨へと置き換わり次々と伸びていきます。新しく増えた軟骨部分の中心に近い方が、固い骨へと徐々に変わっていきます。

ですから、身長を伸ばす、つまり骨を伸ばすには、この軟骨細胞を増殖させる必要があります。

成長余地があるなら…

ですから、この軟骨細胞の成長が止まってしまえば、いくら身長を伸ばす栄養や環境を整えても身長は伸びないことになります。

大人の場合、身長を伸ばす現実的な方法は、まずは姿勢や骨格の矯正です。

これは見た目で高くなるだけでなく、骨の歪みがとれて、まっすぐになり、見た目だけでなく実際に身長が高くなるケースもあるからです。

このカテゴリの他のページを見る