QLOOKアクセス解析

トップ > 身長が伸びる仕組み > 今ご覧のページ

身長が伸びるかどうかが分かる「骨端線」は何歳まである?

20代まででなくなる、伸びなくなる?

身長がこれからも伸びるかどうかの判断基準とされる「骨端線」は何歳まであるのでしょうか?

やはりこれは個人差が大きくなります。10代後半に入って早くも無くなる人もいますし、20歳を超えてもまだある人もいます。

一概になんとも言えないところですが、大体の人が20歳前後には身長の伸びが止まっている人が多いので、その辺りが平均なのかもしれません。

30代、40代でも「ある」人はある?

しかし大人になっても伸び続ける人がいるように、ここで骨端線がなくなるといった基準は分かりません。

30代、40代でも伸びる人がいるなんて話がある(どこまでが本当なのかは分かりませんが)のは、やはり人それぞれで大きく違うところなのでしょう。

大人になっても伸びる人の骨を調べたという情報は見たことがないのですが、もし調べていたのなら骨端線があったのかもしれませんね。

もし骨端線が自分にあったなら

身長が伸びる確立がまだあるということです。

しかし大人は子供と違って成長力という力は落ちてしまっています。

怪我でできた傷が治りにくいのも歳のせいです。それだけ体を作る力が弱っているから。そんな少ない力なので、骨端線があったとしても、それを活かせず今の身長のままで過ごす人が多いのではないかと想像します。

子供並みの成長力があれば話は違うのでしょうが、骨端線がない確率が高く、さらに子供並みの成長力となると可能性は限りなく低くなるはずです。

このカテゴリの他のページを見る